内臓脂肪症候群教室・子供・症状。サプリメント・健康診断

MENU

内臓脂肪症候群教室・子供・症状。サプリメント・健康診断

内臓脂肪症候群の原因
高脂血症、糖尿病、高血圧などの生活習慣病は、個々に発症するものではなく、体内に蓄積される脂肪の中でも、特に内臓脂肪が大きく関与していることがわかってきました。

 

内臓脂肪の蓄積によって、生活習慣病が発症した状態を内臓脂肪症候群(内臓脂肪症候群:内臓脂肪症候群)ということになります。

 

 

この内臓脂肪症候群(内臓脂肪症候群:内臓脂肪症候群)の状態を放っておくと、動脈硬化が進行します。

 

これは、心筋梗塞・脳卒中・脳梗塞・狭心症・閉塞性動脈硬化症(ASO)といった、より大きな危険性を伴った病気を招きやすいため、遅くとも内臓脂肪症候群(内臓脂肪症候群:内臓脂肪症候群)の段階での改善を心がけたいものです。

 

内臓脂肪症候群の原因は、食生活の乱れによる脂肪蓄積、運動不足による脂肪の蓄積、ストレス、偏食などが重なっていることによります。

 

内臓脂肪対策には漢方薬の防風通聖散がおすすめです。

 

防風通聖散の効果はこちら

 

内臓脂肪症候群とアンチエイジング

老化というと、人生、人の一生の後半をさしていうもので、その前半は、その場合「成長」ということになりますが、厳密には、エイジングはそのままの英語で言えば、age(年齢、齢)を重ねていくこと、つまり「加齢」なんですね。

 

ということは、人間は誕生の瞬間からその人生の最後の時まで、細胞組織レベルでは常に古い細胞組織は、死んで常に新しいものと入れ替わっていくわけで、幼児、子供の段階からすでにエイジングは始まっているという考え方もできます。

 

老化予防のアンチエイジングへの関心は急速に膨れ上がり、アンチエイジングを扱った書物はうなぎ上りに増えています。

 

また老化に抵抗、対抗するという意味で、アンチエイジングという場合もありますが、肌、顔、身体機能などの老化対策として、美顔、美容整形などをすることを指して、「アンチエイジング」という言い方をしているようです。

 

加齢関連性の疾患を予防したり治療する医療は、アンチエイジング医療と呼ばれるています。

 

内臓脂肪症候群は体内の老化と考えると、アンチエイジングが必要です。

 

 

内臓脂肪症候群とあるある大辞典

あるある大辞典でも何度か内臓脂肪症候群についての特集をやつていましたよね。

 

「健康・からだ・レジャー・脳と心・美容・食・暮らし」などをテーマに生活情報の提供を行っている、あるある大辞典ですが、特に、健康・からだ・食のテーマが多いみたいですね。

 

日曜夜9時のテレビ番組では、裏番組の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)、「日曜劇場」(TBS)、「日曜洋画劇場」(テレビ朝日)と本番組を含む4番組で互角の視聴率争いをやっているような気がします。

 

食品に関して言えば、効果をもたらしているのは特定の成分であり、決まった食品から摂取する必要はないことを、この番組を見る時の注意事項とするとよいですね。

 

人によっては摂取する事により逆に健康を損なう可能性のあるものも存在するような気がしますので。

 

実際過去に、あるある大辞典で紹介した「にがり」ダイエットでは、実際に番組を見て試した人が下痢などの症状を訴えることが相次いだため、後に厚生労働省からの警告が出たことがありました。

 

内臓脂肪症候群についても、あるある大辞典は参考程度までに。

 

 

 

内臓脂肪症候群運動療法

WHOの肥満ガイドラインによりますと、軽度の肥満の減量には、現在摂取している食事のエネルギーを1日500〜600kcal減らすように勧めていますので、ご参考までに。

 

減量の補助手段として、運動はとても重要です。

 

減食を開始してから1ヶ月後からは、立っている時間帯を多めにして、できれば1日の合計で30分の速足歩行を加えると、消費エネルギーが高められます。

 

また、これによって減食による筋力の低下を防ぐこともできます。

 

減量は最初の1ヶ月が重要で、最小でも2kgの体重減少を目指してみましょう。
減量の維持には、行動改革療法が効果を発揮します。

 

行動改革療法とは、

 

食事日誌をつける
定期的に体重や体脂肪を測定する
意識してゆっくりよく噛んで食べる

 

というようなことが、その手法となります。

 

焦らずに長期的(6ヶ月)な計画を立てて、無理の無いようにしましょう。

 

 

 

内臓脂肪症候群と健康診断

健康診断は、診察および各種の検査で健康状態を評価することですので、健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てて欲しいと思います。

 

特定の疾患の発見を目的としたものは検診です。。

 

学校や職場、地方公共団体で行われる法令により実施が義務付けられているものと、受診者の意思で任意に行われる場合があります。

 

任意に行われる健康診断は診断書の発行を目的とした一般的評価のことが多いのですが、全身的に詳細な検査を行って、多くの疾患の早期発見を目的としたサービスが人間ドックです。

 

危険物・特定の化学物質などを扱う職業の従事者はそれに応じた健康診断を定期的に受けることが義務づけられており、この健康診断は重大な職業病の発生を未然に防ぐことが目的という点で一般的なものとはやや性格が異なっています。

 

これまで、内臓脂肪症候群に関する項目はあまり無かった健康診断ですが、厚生労働省では、内臓脂肪症候群に関する項目も盛り込む予定だそうです。

 

 

内臓脂肪症候群とサプリメント

サプリメントは日本では栄養補助食品、健康補助食品ですが、アメリカの 「ダイエタリー・サプリメントを略した言葉で、日常生活で不足しがちなビタミン、ミネラルなどの栄養素の補給や特別の保健の用途に適する「食品のうち、錠剤・カプセルなど通常の食品の形態でないもの」を指し、サプリと略して呼ぶこともあります。

 

元来、サプリメントは身体に不足した栄養素を補充する目的で用いられていたのですが、健康意識の高まりや、テレビ番組での紹介によって、サプリメントの人気は広まり、医療費の高騰の対策として国政として予防医学を進めて法整備や規制緩和が行われました。

 

また一般の人に健康維持の意識を高めて貰う目的で推進されていることもあり、日本でも大きな市場となっています。

 

ただし、内臓脂肪症候群はサプリで改善されることは難しいでしょう。
地道な運動とバランスの良い食事なんだと思います。

 

あくまでも、不足する栄養を補充するのがサプリメントですね。

 

 

内臓脂肪症候群の症状

内臓脂肪症候群は自覚症状が無い場合が多いので、内臓脂肪が気になる方は、BMI(肥満度指標)を知ることから始めましょう。

 

BMI(肥満度指標)とは、ボディー・マス・インデックスの略で、人の体格の国際的な指標を示します。

 

計算結果により、

 

18.5未満        「やせ」
18.5以上25.0未満  「普通」
25.0以上        「肥満」
とされています。

 

※BMI(肥満度指標)=体重(kg)÷身長(m)2、

 

実は内臓脂肪型肥満の人は、すでに生活習慣病のリスクを含んでいると言えるのです。
ただし、正確な内臓脂肪型肥満に関する判定は、医療機関にて測定してもらう必要があります。

 

 

 

子どもの内臓脂肪症候群

腰まわり、太ももの筋肉、内臓を動かすための筋肉は、日常生活や一般の運動ではあまりつかわれることはありません。

 

無意識にバランスをとる反射運動をすると、普段使うことの無い筋肉まで動かすことになります。

 

筋肉が活動し始めると、自律神経の働きが活性化され、基礎代謝が高まることで普段の消費カロリー量がアップします。

 

内臓脂肪症候群には基礎代謝を高めることで脂肪の燃焼が効率よくなりますから、予防や改善に効果的です。
運動不足の解消とともに基礎代謝向上を意識しましょう。

 

子どもや大人の区別無く、基礎代謝向上を目指しましょう。

 

身体の中で筋肉は、脂肪を燃焼させるための重要な場所に当たります。
基礎代謝を高めるには運動で筋肉を動かし、代謝しやすい状態にすることが大切です。

 

特に日常生活であまり動かしていない眠っている筋肉を鍛えることは、代謝量を増やす近道です。

 

 

 

内臓脂肪症候群教室

内臓脂肪を少しでも減らし、生活習慣病から起こる心筋梗塞・脳卒中・脳梗塞・狭心症・閉塞性動脈硬化症(ASO)などの重い病にかかるリスクを減らしていきましょう。

 

そもそも内臓脂肪は、外見からでは見分けが付かないと言われています。

 

ふくよかな人と普通体型である人とを、比較してみますと、必ずしもふくよかな人が内臓脂肪が蓄積された内臓脂肪型肥満であるとは限らないそうです。

 

スラリとスマートな人でも、お腹がぽっこりと出ている人は、内臓脂肪の蓄積を疑ってみると良いかもしれません。

 

内臓脂肪症候群を対象にした教室もあるかもしれませんね。

 

もちろん、外見上の体型に拘らず、常に内臓脂肪を意識した生活習慣を確立していくことが、最も優先されるべきことでしょう。